マッチングアプリでバツイチを隠すのはNG!離婚歴があっても出会えるコツ

hide-divorce アラフォー日誌
・マッチングアプリではバツイチを隠した方が出会える確率高そう。

・バツイチってプロフィールに書かなくてもいいよね。

・実際に会えばこっちのもんでしょ。

と考える人も多いのではないでしょうか?

私は過去にマッチングアプリで会った男性に、会ってから「バツイチ、子持ち」と告白された経験があります。

実際に使ったアプリの感想はこちらの記事で書いています▼
>>ペアーズにバツイチ女が登録した体験談と感想|メリットデメリットもご紹介

その時の心境をもとに、マッチングアプリでバツイチを隠すメリットとデメリットを紹介していきます。

また、離婚歴があっても出会えるコツも書いているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

マッチングアプリでバツイチは隠さない方がいい

hide-divorce

まず、マッチングアプリでの離婚歴を隠された側としての心境は気持ちのいいものではありません。

プロフィールでもいいですし、マッチした後のメッセージでもいいので、正直に打ち明けておきましょう。

個人的な意見ですが、実際に会うまでに伝えておいた方がお互いのためです。

マッチングアプリでバツイチを隠すメリット・デメリット

バツイチを隠すメリット

正直、マッチングアプリでバツイチを隠すメリットは「マッチしやすい」くらいしかありません。

マッチングアプリでは、顔写真やプロフィールで相手を決めていくしかなく、バツイチと書いていると対象外になってしまうこともあります。

初婚の男女からするとバツイチは対象外となる人もいますし、隠すことで多くのマッチができるでしょう。

バツイチを隠すデメリット

バツイチを隠して後から相手に伝えた場合、相手の信用を失う可能性が高いです。

隠された側からすると「アプリの中でバツイチと公表することもできたのに、しなかったのはセコイ考え方の人なのかな?」と思ってしまいます。

実際に私が会った男性は、待ち合わせ場所で出会ってすぐに「実はバツイチです」と告白してきて、お店についてから「実は子供もいて」と言ってきました。

私としては「それってプロフィールで設定できたよね?ていうか、メッセージでも言えたよね?」と思ってしまい、がっかりした気持ちになりました。

個人的には「バツイチ、子持ち」が嫌というわけではなく、不利になるかもしれないと思って隠すその考え方に問題があるように思えるのです。

マッチングアプリでバツイチを隠す心理

マッチングアプリでバツイチを隠す心理って、多くの人とマッチしたいからですよね。

でも、真剣な気持ちでマッチングアプリを使う人の本当の目的は、いい人と出会って付き合ったり結婚することだと思います。

多くの人と出会いたいという気持ちを持ってマッチングアプリで知り合ったとしても、本当の自分を認めてくれる人と出会えなければ意味がないと思いませんか?

たとえ離婚原因が自分にあったとしても、それを踏まえてどのように変わったのかを理解してくれる相手を見つけることの方が、大切なのではないでしょうか。

マッチングアプリで離婚歴があっても出会えるコツ5つ

 tipsforsuccess

離婚歴があってもマッチングアプリで出会えるコツを紹介していきます。

具体的には以下の5つです。

・分かりやすい顔写真は2枚以上が好印象
・プロフィールはできるだけ全部埋める
・コミュニティにできるだけたくさん入る
・いいねをたくさん送る
・相手が返信しやすいメッセージを送る

それぞれを詳しく見ていきます。

分かりやすい顔写真は2枚以上が好印象

マッチングアプリでは、プロフィール写真でマッチするかどうかが大きく変わってきます。

清潔感があり、顔がちゃんとわかる写真を2枚以上載せておくようにしましょう。

どんな人か分かりやすい写真があれば、安心してメッセージのやり取りや実際に会う時のハードルが低くなりますよ。

スポンサーリンク

加工アプリを使ったり、現実と全然違う写真は、実際に出会ってもうまくいきませんのでやめておきましょう。

プロフィールはできるだけ全部埋める

自分がどんな人なのかという情報を正しく、できるだけたくさん公開するようにしましょう。

プロフィールの文章を書くのが得意ではない人も多いと思いますが、だらだらと長くわかりづらい内容を書くよりも、あっさり書いていても意外と気にならないものですよ。

文章が上手じゃなくても、顔写真と基本情報の項目をちゃんと設定していれば判断基準としてはクリアしている印象を与えることができます。

「pairs」のようにプロフィールのテンプレートが準備されているアプリもありますので、それを活用するのも良いでしょう。

コミュニティにできるだけたくさん入る

コミュニティ機能があるマッチングアプリでは、どのコミュニティに所属しているかで、趣味や人柄がわかるようになっています。

同じコミュニティに入っている人だと趣味や価値観が近い人を見つけやすいため、マッチ後に話が盛り上がりやすいです。

個人的にはプロフィールの文章を長々と書いている人よりも、所属コミュニティの方がわかりやすい印象が強いので、ぜひたくさんのコミュニティに入っておきましょう。

ちなみに、コミュニティ機能があるマッチングアプリは「Pairs」と「タップル」です。

いいねをたくさん送る

多くの人とマッチングしたいなら、いいねを送って自分を知ってもらいましょう。

ほとんどのマッチングアプリの男女比は、女性の方が少ないという現状があるので、男性側はたくさんの女性にいいねを送ってアピールしましょう。

マッチングアプリは今すぐ再婚という考えよりも、まずは知り合いたいという人が多く、将来を見据えた出会い方としては、時間がかかるかもしれません。

女性は無料で使えるマッチングアプリが多いので、なんとなく登録している人も多いので、有料会員になるなら目的に合うアプリに登録する方がいいですね。

逆に「ブライダルネット」のように本気の婚活サイトでは、真剣に結婚を考えている女性が多く、男女比率としても女性の方が多いと言われています。(参考:https://www.bridalnet.co.jp/marriage_columns/470/

再婚を本気で考えている人や相手の離婚歴を気にしない人も多いため、チャンスが転がってますよ。

相手が返信しやすいメッセージを送る

これもかなり大切なポイントですね。

マッチングしたあとのメッセージでは、相手が返信しやすいように送るようにしましょう。

例えば、

「趣味が〇〇と書かれていますが、おすすめはありますか?」

「最近ハマっている〇〇はなんですか?」

など相手のプロフィールから連想できて、かつ自分も興味のあること質問するのがおすすめです。

私が以前マッチングした男性で「そうですね」だけの返事をしてくる人がいましたが、それでは何を返せばいいのかわかりませんし、めんどくさくなってしまいます。

マッチングアプリのメッセージは、だらだらと続けるとめんどくさいと感じる人が多いので、相手が返信したくなるような内容を送って、楽しくやりとりするのが大切です。

バツイチがマッチングしない理由

 Reasonsfornotmatching

バツイチを正直に書いて、写真もプロフィールも分かりやすく書いているのにマッチングしない・・

と悩んでいる人もいますよね。

その場合、今使っているアプリが自分に合っていないことが、マッチングしない大きな理由かもしれません。

マッチングアプリによって登録している人の年齢層や傾向が違うため、自分の年齢や目的に合うアプリを使わないと全然出会えません。

例えば「タップル」や「omiai」は使っている年齢層が20~30代と若い人が多く、 バツイチだと対象外に思われることも多いです。

このように、いろんなマッチングアプリの特徴を知って、自分に最も合うものに登録することでマッチング率をあげることができますよ。

自分に合わないアプリで全然マッチングしないと、自信がなくなってしまう可能性があるので気をつけましょう。

マッチングアプリでバツイチを隠すのはNG!離婚歴があっても出会えるコツまとめ

ということで今回は、マッチングアプリでバツイチを隠すと相手への信頼がなくなってしまう話をしました。

離婚歴があっても、バツイチでもOKと思っている人が多いマッチングアプリなら、出会いはたくさんあります。

ぜひ自分に合ったマッチングアプリに登録して、いい出会いを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました