クラウドワークスのWebライター検定3級に合格する4つのコツ

webライター検定に合格する女性 Webライター

これからWebライターとして仕事をしていく時に、有利になる検定や資格はとっておきたいものですよね。

Webライター検定はクラウドワークス独自のものですが、クライアントへのアピールポイントとして有効です。いい条件の案件を受けるためにも、ぜひ取得しておきたいところ。

とはいえ、

「合格するのは難しい?」

「皆ってすんなり合格してるの?」

「必要な本とかあるのかな・・」

など、Webライター合格への疑問は色々あると思います。

そこで本記事では、Webライターを目指している方に向けて『Webライター検定3級合格するための4つのコツ』を紹介します。

▼関連記事▼

>>Webライターはきつい!5ヶ月で月収9万円達成したので稼ぎ方を紹介します

スポンサーリンク

クラウドワークスのWebライター検定3級とは?

クラウドワークスのWebライター検定3級は、簡単に見えて実はちょっと難しいテスト内容なのです。

私はWebライター検定3級に合格していますが、実は1回目は不合格でした。もし不合格でも、無料で何度でも受けられるので、勉強して再受験すれば大丈夫ですよ。

合格のコツを紹介する前に、クラウドワークスのWebライター検定の概要を簡単に説明します。

  • 無料(不合格でも2週間後に再受験可能)
  • プロが作ったライティングテストが受けられる
  • 講義動画で学習してから受講できる
  • プロフィール欄に合格証が表示される

Webライター検定は3級から1級までありますが、3級のみ無料で受けられます。

クラウドワークスで仕事をする時以外にも自己アピールになりますし、Webライティングの基礎を学ぶことができるので、合格して自信に繋げましょう。

Webライター検定を受けるためにはクラウドワークスへの登録が必要になりますので、まだの方はワーカー登録しておいてください。

>>クラウドワークスで会員登録する

Webライター検定3級はどのくらい難しい?

クラウドワークスHPによると、Webライター検定3級の難易度は「合格率5%以下の高難度」とのこと。

「5%以下の検定に受かるなんて、合格者はどんだけ天才なの?!」

と思うかもしれませんが、いえいえ、私のように気を抜くと日本語が崩壊するような人間でも受かりますので安心してください。ちょっとしたコツを知っておけば、3級合格は夢ではありません。

ちなみに私はクラウドワークスがやっている『Webライター育成プログラム』にも参加しましたが、そちらで一緒だった受講生たちも、1回で合格している人はほぼいなかったです(`・ω・´)

私含め、他の受講生もプログラム中かプログラム終了後に合格していたので、コツさえつかめば合格できる検定だと思います。ぶっちゃけ3級に合格したからといって、クライアントからのオファーがバンバンくるか?といえばそうではありません。

Webライターの仕事を軌道に乗せるには、自分からどんどん案件に応募して実績を積んでいくしかないです。検定に受かったからといって収入が保証されるものではないので、期待しすぎないようにしましょう。(ただ、案件の相談はよくきます)

WEBライター検定3級に合格するための4つのコツ

それではWebライター検定3級に合格するためのコツを紹介していきます。回答はマークシート式で、適切なものを選んでチェックを入れていくだけ。

ただし、マークシートだから簡単に受かるだろうと思って舐めてかかると、落ちます。笑

Webライター3級『合格のための4つコツ』は次の通りです。

①動画をしっかり見る
②わからないことは検索する
③問題文の意図を正しく受け取る
④テスト中はパソコン画面を2分割にする

それぞれを詳しく解説していきます。

①動画をしっかり見る

Webライター検定3級では、事前学習として27本の講義動画が準備されています。

数だけ見ると多く感じますが、1つの動画は約3分〜20分以内で、それぞれが完結しているので数日に分けてOK。動画内容は検定合格のためだけではなく、これから先Webライターとして文章を書く上で大切なことの基本となっています。

一度見てわからないところは繰り返し見て、自分の言葉で説明できるまで理解度を深めておきましょう。

②わからないことは検索する

検定のテストでわからないことがあれば、必ず検索しましょう。自信のない回答をそのまま提出するよりも、答えや答えのヒントになるものが見つかるまで調べるようにしてください。

この、検索する力もWebライターとして活動する上で重要なスキルの1つです。ぜひこれを機会に検索力をアップさせましょう。

スポンサーリンク

とはいえ、合格したい一心で「クラウドワークス Webライター検定3級の答え」とかは検索しないようにしましょうね(´・ω・`)

答えあわせとして検索するならいいと思いますが、検定の目的は合格するための実力をつけるためのもの。これから先Webライターの仕事でうまくいかないことが出てきた時に、自分で解決する力は確実に必要です。

自分の頭で理解して、答えを導き出す練習と思って、しっかり学んでおきましょう。テストの受験中でも動画の確認をして大丈夫なので、確実に回答を埋めていってくださいね。

③問題文の意図を正しく受け取る

Webライター検定が受からない理由に『問題文の意図を正しく理解できていない』があげられます。2回目に受けた時に気がついたのですが、Webライター検定3級の問題文はサラっと読むだけでは勘違いしてしまうものがあります。

「この問題文の解釈は本当にあっているのか?」をじっくりと考えてから回答しましょう。問題文の読み方のコツとしては、ただの文章としてではなく「この問題は何を言っているのか?」「何を聞いているのか?」という部分を知るつもりで読んでいくこと。

問題文の意図を読み取り、誤解のない解釈をして回答を選ぶことを意識してください。一見、小難しそうに書かれている文章でも、よくよく考えてみると「え?もしかして答えってこんなに簡単なこと?」と思う内容もありました。

検定試験は時間制限がないので、ちょっと頭を冷やして考えても大丈夫です。クールダウンすることで、問題文の意図がすーっと入ってくることもありますよ。

④テスト中はパソコン画面を2分割にする

テスト受験中は、回答を記入しながら調べたり、動画を再生したりするので複数のページを開ける必要があります。何度も表示ページを変えるのは面倒くさいですし、間違えて回答途中のテスト画面を消すなどのミスをしかねません。

そこでオススメなのが2画面に分割する方法です。分割といっても難しいことではなく、普段から使っているパソコン画面のウィンドウを半分づつ表示させるだけです。

こうしておけば片方で問題を読み、もう片方で検索したり動画を見返したりできます。1ページだけ開いて何度も表示画面を変えるよりも、効率よく、ストレスなく作業ができますよ。

この方法はこれから先パソコンで仕事をしていく上でとても役に立つので、ぜひ使ってみてくださいね。

▼関連記事▼

>>Webライターはきつい!5ヶ月で月収9万円達成したので稼ぎ方を紹介します

Webライター検定3級に合格するための本ってあるの?

私は1回目に不合格の結果が出たとき、「Webライター検定に合格するために必要な本とかってあるのかな?」と思ったんです。

もっというと、何か専門書がないと受からないんじゃないか?くらいに思いましたw。でも、Webライター検定3級に合格するために必要な本は特にありません。

私は2回目の検定受験をした時までにWebライターの本は一冊も買ってませんし、借りて読んだりもしてないです。

「でも、Webライターになるには読んでおいた方がいい本とかあるんでしょ?」と思っている方にあえてオススメするなら、Webライターから絶大の支持を集める新しい文章力の教室がいいと思います。これまで書いてきた文章から、人に読まれる文章を書くために読んでおきたい1冊と言えるでしょう。

※追記:ちなみにWebライターとしてクラウドワークスを活用するなら、案件の取り方に注意が必要です。私自身、Webライターとして2ヶ月クラウドワークスを利用しましたが、今はほとんど使っていません。理由は「地雷案件」が多く存在するからです。

私自身、最初から文字単価1円以上しか受けないと決めていたので、初月に文字単価2円の案件を獲得できました。稼げるライターは皆、企業と直契約をしています。今後、ライターとして生計を立てたい方は直接契約できる企業を探すことをおすすめします。

クラウドワークスのWebライター検定3級に合格する4つのコツまとめ

これからWebライターとして仕事をしていく時に、有利になる検定や資格はとっておきたいですよね。

今回紹介した4つのコツ

①動画をしっかり見る
②わからないことは検索する
③問題文の意図を正しく受け取る
④テスト中はパソコン画面を2分割にする

を実践してみてください。

はじめは理解できない問題でも、ライティングの勉強をすることで「読む力」がつき、合格への一歩になるはずです。

Webライター検定3級の合格を目指している方の参考になれば幸いです。

さらに、Webライター2級検定も気になるという方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました